JP
TOKI MINOYAKI STORY
Story05
美濃焼の新しい魅力を宿す、“空間”から生まれるうつわ
有限会社作山窯 髙井 宣泰
Profile
有限会社作山窯
髙井 宣泰
〒509-5401 土岐市駄知町1369-3
Tel.0572-59-8053
http://www.sakuzan.co.jp/

暮らしの中に在る、美しいうつわを
食卓を明るく彩る色とりどりのプレート。素朴で柔らかな質感の小鉢。土の素材感を前面に出した力強い大皿。作山窯のうつわは、どれも異なるデザインと配色を持っていながら、洗練された美しさを備えている。
代表の髙井宣泰さんが作山窯を立ち上げたのは1987年のこと。大学でインテリアやスペースを生かす空間デザインを学んだのち、岐阜市で就職。24歳の時に故郷の土岐市へ戻り、やきものづくりに携わることを決意した。自身の想いを自由に形にしたいと、新しく始めたのが、作山窯だ。
最初は、作家としてデザイン性が高く、“尖ったもの”を作っていたという髙井さん。立ち上げから数年後に、今一度、作りたいうつわについて考えた。「一人暮らしやカップル、家族、どんな暮らしの中にも必ずうつわはある。そんな日常の中で使ってもらえるうつわを作りたいと思ったんです。そうしたら、デザインに対する見方が変わりました」。

“空間”から見つめるものづくり
商品の企画やデザインは、髙井さんが担当している。それは空間デザインの観点から、誰に、どのように使ってほしいのか、“シーンを思い浮かべる”ことから始まるという。こんな空間に、こんな形、色のうつわがあったらいいなとイメージする。自身の頭の中で描いたイメージを、いかに料理を美味しく見せるかのバランスを考えながら形を調整し、10種類の土とオリジナルの釉薬、3通りの焼成方法を組み合わせ、作り上げていく。
和食器にあまり馴染みのない若い世代に毎日使ってもらえるうつわを、と考案した「DAYS」。30~40代の料理好きの人に、インテリア感覚で使ってもらいたいとデザインした「URBAN」。手びねりならではの味、薄さ、軽さ、そして野菜の色が良く映える青い釉薬の美しさを追求した「FLOW」。そして、プロの料理にも負けない存在感を土の力で表現した「SENSE」。主軸商品となっているこれら4種類のシリーズも、それぞれにターゲットやシーンを絞って作られたものばかりだ。「大切なのは、使う人に調和すること。12色あるDAYSの色も、持ち主が客をもてなすとき、若い女の子にはピンクとイエロー、年配の方にはネイビーとグレーを、などと使い分けられるように固めていきました。服と同じように、うつわにもTPOがありますから」。ライフスタイルをコーディネートするような感覚で作られたうつわたちは、どんな人の暮らしにもぴたりと馴染む美しさがある。

やきものの町で育まれた技術と縁を大切に
こうした精密なイメージを実現できるのは美濃焼だからこそ、と髙井さんは語る。「美濃焼には、いろんな商品、形がある。日本の陶磁器生産の約半分を担うほどの技術もあります。美濃焼ならではの、多種多様な素材や釉薬、技術を生かしたうつわが作山窯の特徴です」。
考え抜かれたデザインと美濃焼の多様性を纏った作山窯のうつわは、全国、そして世界へと広がり、生産が追い付かないほど。「今があるのは、お世話になった人、共に歩んできた人たちとの出会いがあったから」と髙井さん。作るものも売るものもなかった窯の立ち上げ時に、父の代にお世話になったから、と支えてくれる人達がいたことを今でも感謝している。

これからも、新しい美濃焼のあり方を探求し、発信する
また、この窯元には、共に汗を流し、真摯に働く若者たちがいる。「“作山窯”が一つのチームだと思っています。みんながいるおかげでいろんな繋がりが生まれ、大きな世界が見える。作家として一人で歩んでいたら、成しえなかったことです」。ミシュランの三ツ星レストランや海外の名店のシェフたちがうつわを見に窯へ訪れることもある。「それが、うちで働く子たちへの評価だと思っています」と嬉しそうに微笑む髙井さん。作山窯が愛されるのは、ものづくりへの情熱と、それを支える人々の想いをそのうつわに宿しているからだ。
2017年7月には、美濃焼の更なる可能性を見出すため、食器に留まらず、照明やフラワーベースなどを提案する新ブランド「MANON」を立ち上げた。「手間をいとわず、美濃焼の力を生かしたものづくりをしていきたい」と髙井さん。これからも、新しいやきものと暮らしの楽しみ方を教えてくれることだろう。

TOKI MINOYAKI STORY
土岐市美濃焼ストーリー
カネコ小兵製陶所 伊藤 克紀
カネコ小兵製陶所
伊藤 克紀
だち 窯やネット
だち 窯やネット
 
金正陶器 澤田敦史
金正陶器
澤田敦史
株式会社ロロ 早川 秀雄
株式会社ロロ
早川 秀雄
有限会社作山窯
髙井 宣泰
藤田陶器株式会社 藤田 裕子
藤田陶器株式会社
藤田 裕子
SHARE ON
土岐市美濃焼PR委員会