JP
TRADITIONAL TECHNIQUE
土岐市美濃焼の技術
安土桃山時代に登場した「黄瀬戸」、「瀬戸黒」、「志野」、「織部」といった日本独自のやきものは「美濃桃山陶」と呼ばれ、今日の美濃焼技術の基礎となった。
自由奔放な、型にはまらない造形、大胆さと繊細さを併せ持つ絵付けなど、個性あふれるさまざまなやきものの種類と装飾技法によって美濃焼は生み出されている。
やきものの種類
Kiseto
薄めの生地に灰釉を薄く掛け、焼成することによって黄色に発色してできる。薄作りで釉薬の焼け具合がしっかりとしていて、菊や桜の印花、菖蒲や梅の綿彫り文様を施したものと、やや肉厚で文様を付けていない光沢のあるものの2つに大別される。
ぐろ
Setoguro
天正年間(1573~92)に主に焼かれたため、天正黒、引き出し黒とも呼ばれる。本来は釉薬の溶け具合を見る色見本のための茶碗だった。器に鉄釉を掛け、1200度前後の高い温度で焼成。金属製の火箸で窯から引き出し、急速に冷やすことで生まれる漆黒が特徴。
Shino
長石釉を厚く掛けて、高温の大窯で焼成した白いうつわ。ゆず肌のような小さな穴や自然に生まれる緋色が特徴。土と釉薬だけで焼き上げる無地志野、鉄絵具で絵付けをした絵志野、酸化鉄で化粧をして長石釉を掛けた鼠志野など幅広い。
おり
Oribe
主に銅緑釉のやきものを指すが、鉄釉の長石釉も使用される。種類は豊富で、見る人を驚かせる意匠が特徴。瓢(ひょう)げた造形は織部の生み出した様式。一部に銅緑釉を掛けて残りの部分に鉄絵具で文様を書き、白釉を施した青織部をはじめ、黒釉を掛けた織部黒などがある。
装飾方法
かんにゅう
Kannyu
釉薬の部分にできる細かいひびが文様のようにみえる装飾技法。素地と釉薬の焼成と冷却に際しての膨張・収縮率の違いによって生まれる。装飾として、ひびを強調するために黒や赤を付けることもある。
いっちん
Icchin
ケーキのデコレーションのように、泥漿や釉薬を袋から絞り出し、表面に盛り付けながら描く装飾技法。陶器の表面に立体感のある文様ができる技法で「一珍」のほか「筒描き」とも呼ばれる。平面的なデザインにはない陰影や質感が生まれる。
そめつけ
Sometsuke
白い生地に呉須と呼ばれる顔料で文様を描き、上から透明な釉薬を掛け、焼成する装飾技法。焼くと文様は藍色に変化する。江戸時代よりこの地に伝わる「美濃古染付」を守る職人も残る。
あか
Akae
上絵付けの技法の一つ。釉薬を掛けて本焼きをした無地のうつわや藍色の呉須で彩色したものに、さらに上から赤を主として緑、黄、藍などの上絵付けを施したもの。赤を基調とするため赤絵と呼ばれる。
TOKI MINOYAKI STORY
土岐市美濃焼ストーリー
カネコ小兵製陶所
伊藤 克紀
だち 窯やネット
 
金正陶器
澤田敦史
SHARE ON
土岐市美濃焼PR委員会