土岐市美濃焼公式ブランドサイト|TOKI MINOYAKI

JP
TOKI MINOYAKI BRAND CONCEPT
土岐市美濃焼 歴史の伝承と次代への挑戦
土岐市美濃焼の可能性は
無限にひろがりつづける
1300年もの古に生まれ、今もなお人々の生活に息づく美濃焼。

そのはじまりは、芸術品としてのやきものだった。
日本陶磁史上もっとも華やいだと言われる安土桃山時代に生まれた「桃山陶」。
しかし、時代の移り変わりとともにその需要は減少。衰退の危機に迫られた美濃焼の陶工たちは、伝統を継承するため、そして生きるために、日常雑器を焼く。これまでとは違うやきものに試行錯誤を繰り返しながらも、多品種大量生産化を実現させる。これにより、この地における陶磁器産業は見事に復活を遂げ、土岐市はやきもの生産量日本一に上り詰めるまでへと成長した。

時代の潮流とともに生きてきた土岐市美濃焼。近年もまた、新たな変革の時と直面している。
ライフスタイルや価値観の変化による日常雑器としての需要の低下。さらに、安価に輸入される海外からの大量生産品による追い打ち。その波は次々と押し寄せ、止むことはない。

それでも土岐市美濃焼は、臆することなく変革の道を進む。
時代を越え受け継がれてきた土岐市美濃焼の伝統と技術力。そして陶工たちの情熱、発想力、挑戦しつづける姿勢をもって。
より高い手触りの、より質の高い、よりデザイン性と実用性を兼ね備えた、土岐市美濃焼にしかできない新たな次代のうつわの創造へ。

土岐のまちを愛し、魂を籠め作陶をつづける陶工や窯元の数だけ、土岐市美濃焼の可能性は無限(∞)にひろがりつづける。
TOKI MINOYAKI PRODUCT
土岐市美濃焼プロダクト
SaiSui
大東亜窯業株式会社
藤山窯
ウルトラ
藤山窯
椿
ふくべ窯
お酒のうつわ
山田晋一朗
MU釉
金正陶器株式会社
kasane
金正陶器株式会社
さらさらキャニスター
丸新製陶有限会社
楽しむ酒器
有限会社ヤマ亮横井製陶所
酒器
大雲窯
花のうつわ
博山窯
BEKU(ベク杯)
山淳製陶所
酒燗器
山淳製陶所
パステルジュレ
伸光窯 金多田中製陶所
Shinogi
有限会社不動窯
新しい美濃焼 精炻器
祥風窯
串匠
窯元 荒神窯
frustum(フラスタム)
晋山窯ヤマツ
茶々擦々
晋山窯ヤマツ
塗分
鈴木陶苑
サンセベリア
株式会社山功高木製陶
マーブル
株式会社一久
彩 -イロドリ-
周山窯 (周山製陶所)
藍色志野
酒井博司
likestone
芳泉窯 有限会社カネ芳製陶所
線刻
有限会社カク林製陶所 鶴琳窯
薄軽マグカップ ペア
川又製陶所
Koyomi 金彩名入れマグカップ
buzan(西武製陶所)
安南楽描
南窯
手作工芸品
樹窯(川合 正樹)
miranda
KANEAKI SAKAI POTTERY
KUUSI
KANEAKI SAKAI POTTERY
ぎやまん陶
株式会社カネコ小兵製陶所
リンカ
株式会社カネコ小兵製陶所
Albee
株式会社みのる陶器
Omnis
株式会社みのる陶器
青白磁 華唐草
有限会社快山製陶所(快山窯)
白磁 華唐草
有限会社快山製陶所(快山窯)
兎絵
小栗 正男
染付ミニマグ
丸直製陶所
TEA
有限会社ZERO JAPAN
漆陶「至福の時間」
有限会社宗山窯
染付マグ
有限会社秀峰
金彩
有限会社和陶苑
DAYS Sara
有限会社作山窯
URBAN
有限会社作山窯
more
TOKI MINOYAKI STORY
土岐市美濃焼ストーリー
鈴木陶苑 鈴木 哲平
鈴木陶苑
鈴木 哲平
カク仲 白石 文伸
カク仲
白石 文伸
昭和製陶株式会社 加藤 源一郎
昭和製陶
加藤 源一郎
知山窯 安藤 統
知山窯
安藤 統
丹山窯 丹羽 哲男
丹山窯
丹羽 哲男
Maruchu Inc. Hironao Sakai
丸忠
酒井 宏尚
角山製陶所 伊藤 真
角山製陶所
伊藤 真
株式会社日本セラティ 鵜飼 研志
日本セラティ
鵜飼 研志
芳泉窯 有限会社カネ芳製陶所 北邑 宜丈
芳泉窯
北邑 宜丈
株式会社カネセ 伊藤 洋介
カネセ
伊藤 洋介
伸光窯 金多田中製陶所 田中 一亮・久美子
伸光窯 金多田中製陶所
田中 一亮・久美子
株式会社山功高木製陶 髙木 崇
山功高木製陶
髙木 崇
有限会社ヤマ亮横井製陶所 横井 亮一
ヤマ亮横井製陶所
横井 亮一
有限会社 丸仙化学工業所 水野 寿昭
丸仙化学工業所
水野 寿昭
美濃焼おかみ塾
美濃焼おかみ塾
 
藤田陶器株式会社 藤田 裕子
藤田陶器
藤田 裕子
作山窯
髙井 宣泰
株式会社ロロ 早川 秀雄
ロロ
早川 秀雄
金正陶器 澤田敦史
金正陶器
澤田敦史
だち 窯やネット
だち 窯やネット
 
カネコ小兵製陶所 伊藤 克紀
カネコ小兵製陶所
伊藤 克紀
SHARE ON